2018年05月31日

夢ふぉと 20周年

おかげさまで5/31に、夢ふぉとは20周年を迎えさせていただく事が出来ました。

20周年.JPG

このような日が迎えられましたのも、ひとえにこれまで長い間、夢ふぉとを支えてきてくださいました社員・スタッフ・協力会社様、そして沢山のお客様のお陰で今日があると感慨深い思いです。

振り返りますと、これまでの道は決して平坦な道だけではございませんでした。
山あり谷あり、様々な出来事や嬉しい時、苦難の時も多々ありました。

ですが、何時も支え応援してくださる多くの人が夢ふぉとに集っていただけたからこそ、今日を迎えられたんだとしみじみ感じます。

これからも夢ふぉとは、100年企業を目指して邁進いたします。

「思い出で人の心の温度を1℃上げます。」という理念を掲げ、思い出づくりで人様の幸せに貢献してまいります。
ベンチャーらしく、果敢に挑戦し続けて参ります。

そして、思い出づくりの世界ブランドを目指します。
世の中の人の心の温度を1℃上げることで、人々が優しい心になり温かい世の中になるお手伝いをしたい。
そして、世界中に1ミリでもインパクトを与えられるような企業に成長したい。

これからも誠心誠意、人様のお役立ちの数を増やすために心を尽くし、事業成長に邁進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年5月31日
株式会社夢ふぉと 代表取締役 林 さゆり
一般社団法人日本アルバムセラピー協会 代表理事 川村(林)さゆり

posted by sayuri at 06:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

初めての宝塚

生まれて初めて「宝塚歌劇」なるものを観に行ってきました。

それも今大人気の「ポーの一族」です。

感想は、、超感動的でした。
これは、ファンや追っかけが続出する意味が理解できました。

本物の男性よりもずっと「綺麗な男役」の方々、、、。

以前に「明治の人」を取材するために灘高校の国語の有名な先生、橋本武さんが「宝塚」にはまって通っておられたというお話も思い出してました。

CEC84311-2C6E-40CE-B713-FE647F9BB2DE.jpeg
39321ADA-11B0-4DF9-870F-3EC21F63A340.jpeg
素晴らしかったです。
えーもん観せてもらいました。
posted by sayuri at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良の柳本、洋食屋さん カツイ行ってきました!

奈良の洋食屋さん、カツイさんに主人と二人で行ってきました。

以前は心斎橋のうちの会社のビルの1階で大人気の洋食屋さんで繁盛されてました。
すごくおいしい洋食が食べたくなったらここ!そんなお店、スタッフの皆さんも本当に温かくて良い人ばかり。

オーナーの勝井さん、生まれ故郷の奈良に戻られて洋食屋さんをされるということで、ずっと行きたかったのですがようやくいけました。

すごく良い景色、田舎具合い、古墳が見える店、、、。
夕日もとてもきれいだと仰ってました。

すぐ前にある長岳寺に立ち寄ると、国宝級の仏像等がずらりと、、、。
其処の近くに丸々と太った猫ちゃんたちが6匹もいました。

飼われてる子と餌だけもらっている子がいました。
4623BCEB-6296-40A4-A38D-1F1CCAA76AF3.jpeg
291B3AE1-F0E2-4601-BE13-8306D6261E31.jpeg
EDA74C44-F69E-4B1C-A00E-94F125ADD3A5.jpeg
何より印象に残ったのは、勝井さんがとても良い顔になられていたこと。
以前から人望熱くてすごく良い人でしたが、更にさらに良い顔に環境が変えたんだろうなと感じました。

私も木の香りと田舎の香りのするところで仕事したいなーって本気で思いましたとさっ、、、。

https://tabelog.com/nara/A2904/A290401/29010542/
posted by sayuri at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

60代の若者たちへ

日経新聞の中のサントリー広告記事に、60代の若者たちへ。倉本聰というのがあった。
人生の節目を迎え新たな生き方を模索する方々へ。
82歳の今もなお、自らの活力あふれる日々を創出されている脚本家の倉本聰さんから成熟した大人たちへ贈るメッセージ。
「この先をどう生きるか。しまっておいた夢を取り出してみないか。」
というものだった。

なるほどなーっと考えてしまう。
ただ、40代、50代になるとしまっておいた場所を忘れてしまう、カギを失くしてしまう。
そもそも自分が何をやりたかったのかすら忘れてしまうしまう人もいるんですね。
・・・

確かになかなか思い出せない本当にやりたかったことというのは、、、。
そんなものかもしれないなーっ。
大切なのは自分は何によって喜びを見出せるか、ということみたいです。

大切なのは「元気と活力」にあふれた「楽しく明るい」日々の源となる。
そういう生き方をしていきたいものです。

50代の生き方がとても大事な気がします。
もう少し生き方上手になれればなーっ、、、
posted by sayuri at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

ベラビスタ 非日常体験

2CC97D19-6F50-498B-862E-8BCABD2B5EA5.jpegA1F0367C-9394-42A4-AA3D-CB7908967696.jpegD66D0F3E-CBAD-4FCB-B18C-1727B869910C.jpeg55543BD0-DA47-4414-8AAE-0BC3F465E433.jpeg27FA80AF-F058-44C0-851A-7CC829AC892D.jpeg福山のベラビスタに経営者仲間とリトリートに行って来ました。
この施設、周辺全部がTsuneishiグループの持ちもので、持ち主の娘さんが一緒の経営者メンバーで、お世話になりました。

素晴らしい施設、食事は最高レベルの美味しさ、アクティビティも盛りだくさんで感動しました。
良い経験が出来ました。

経営者の会合では、毎回刺激を貰います。
ありがとうございました!
posted by sayuri at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ケーキハウス、ツマガリの津曲社長様ご家族、来社‼️

B0EFA8BF-0045-4089-9789-E69A0F83EF74.jpeg53F9896A-B8F2-47AB-8EE5-A8C5962653D1.jpeg2B23991E-F8CB-45A8-891E-02AD15B12067.jpeg先日、たまたまうちの顧問税理士の先生から、小冊子を頂きました。
その中に、書かれていた内容に、西宮のケーキハウスツマガリの津曲社長様の記事が掲載されてました。
其処には、津曲社長が明治生まれのおばあちゃん子である事が書かれてました。
それで、感動して私と明治のおばあちゃん子繋がりだと思い、お手紙を書きました。

そしたら、手紙が、到着した日にお電話をいただき、明日会社に行っても良いですか?とのご連絡をいただきました。

明治の人の書籍の、追加取材を受けていただけるとのことで、お祖母様の思い出話しとお写真を持って会社にお越し下さいました。
奥様と娘様と義理の息子さんと4人で…。

感動しました。
明治生まれのおばあちゃんが、ご縁を繋いでくれたんだなと…感謝した出来事でした。

ありがとうございます😊
津曲様、わざわざお越し下さりありがとうございました。
posted by sayuri at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

明治の人 第一校正

59C05C30-6733-4ED1-88CB-D06712092526.jpeg明治の人、第一校正が上がって来ました。
表紙デザイン案が、2案完成しました。
どちらにするか悩ましいです!

クラウドファンディングでご支援をいただきました皆様に良い書籍の完成をご報告出来るよう頑張ります。
3月初旬にはお届け出来そうです。
posted by sayuri at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

クラウドファンディング 無事終了しました。

先日、初めてクラウドファンディングに挑戦しまして、無事に終了いたしました。
皆様のご支援のおかげで開始早々5日間で達成しまして、その後目標を超えるご支援をいただくことが出来ました。
心から感謝でした。

ありがとうございました。

今、少しずつ「明治の人」書籍出版に向けて編集作業をしています。
やはり、凄く良い内容ばかりです。
古き良き時代わ後世に伝え残すべき素晴らしい内容ばかりです。

人の人生の価値は誰も皆変わらない、全ての人の人生は素晴らしいという事を伝えたいと思っています。
そして身近に居るおじいちゃん、おばあちゃんの事を尊敬して欲しいし昔話を聞いてあげて欲しいなと思います。
きっとお互いが喜べるだろうと思います。

「明治の人」は後20年もすればこの世の中から一人もいらっしゃらなくなります。
過去になる前に、、、戦前戦中戦後の時代を生きた人々の人生から学ぶべき多くの事を伝えます。

本当に温かなご支援、ありがとうございました。
posted by sayuri at 02:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

クラウドファンディングの挑戦、達成致しました〜!!!

先週13日の16時〜「明治の人」書籍化への挑戦をしておりました、クラウドファンディングへの挑戦が無事に目標達成し、プロジェクトが完了いたしました〜!!!

これも、ひとえに応援していただきました、皆様のおかげでございます。
本当に本当にありがとうございました。

今回のチャレンジ=クラウドファンディングへの挑戦は初めてでしたが、10/13〜11/30までの48日間のチャレンジに置きまして、たった5日間で達成致しましたので、クラウドファンディングのご担当者からは異例の速さでの達成ですねっ、、、と仰っていただけました。

本当に自分自身でも驚いてます。

なかなか達成出来なかったら焦るだろうし、、、
早いに越したことは無いです。

ただ、今回の支援の中に、ご支援いただいた方の周囲にいらっしゃった(ご存命でなくも大丈夫)「明治生まれの人」の事をもっと多く聴かせていただきたかったので、そういった支援方法も置いていたのですが・・・
今回の書籍出版の際に、支援者の方の身近な「明治生まれの人」の事も書籍に入れさせていただきますよ、というものでしたが、、、。
それが無かったのが残念でした。

当初は100人の明治生まれの人を取材して書籍化したいという夢を持って開始したプロジェクトでしたので、、、。
勿論。今回31人の取材出来た方々の分だけでも書籍化して永遠に後世に伝え残すことが出来たという事は、とても嬉しい事ではありますが、残り69人分が集まれば更に嬉しかったなーっと少なからずの期待はしておりましたので、、、。

2005年〜手弁当で開始した「明治の人」の取材活動、、、
世の中の社長さんが日曜日にゴルフに行くのであれば、その時間を私は「明治生まれの人の取材に充てよう!」と思い立って、開始しました。
どうしてもこの活動に、ビジネスを絡ませたくないという自分自身の純粋な想いだけでやりた買ったというのが本音です。
全てを手弁当でさせていただきました。
この活動は当時、新聞やテレビでも取材されることになりまして、次第に協力者も集まり無償でお手伝いいただけるケースも有りました。本当に有難い事が重なり31人もの取材が出来ました。

「実は、新聞社でもテレビ局でも有りません。大阪で会社をしている一般の者ですが、明治生まれの方のお話を聞かせていただく活動をしています。取材させていただけませんか?」
と、相手が誰であろうと「頼もうー!!!」精神でお願いして行きました。

相手が吉行あぐりさんであろうと、松原泰道さんであろうと、、、その調子でお電話やお手紙にてお願いして行きました。

ホントに懐かしいです。

今回、こんなにも時間が経過してのチャレンジになったのは、「明治生まれの人」が過去になってしまう前に出したかったからです。
活動開始当時は最年少で90代でしたが、現在は既に105歳が最年少になってしまいました。
いくら高齢化社会であっても、後20年もすればこの世の中から「明治生まれの人」は確実に居なくなります。
だからこそ、今しかないと思いました。

古き良き時代、戦争時代という国難の世を親世代で経験し、戦争で子供や旦那様を亡くしていたり幾度もの戦争経験者でもあります。
今回の書籍を読んでいただく事で、読者の方々に、
モノの無い心豊かな時代がかつての日本にあったという事、
「本当のしあわせ」がいったい何なのか?
を自然に感じていただけるような、そんな書籍にしたいと思っています。

約100年、1世紀を生きてきた人々の生の声にはやはり迫力と優しさとシンプルさが有ります。

本当の意味で人が大切にしなきゃいけない事って、、、とってもシンプルで自然で単純なことだけで、、、本当は簡単なことなんだなーって、、、今の平成の世の中を生きている人々の例えば傷ついて痛んだ心をふわっと治して軽くしてもらえるような・・・そんな書籍にもなってほしいなーって思っています。

明治、大正、昭和、平成の世を逞しくも自然体で生きてきた本当に素晴らしい31人の人生、
有名人でも著名人でもない普通の田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの人生、全ての人生がどの人生ひとつとっても価値は変わらず全ての人生が素晴らしいのだという事に気付いていただけたら嬉しいです。

人の人生の価値に優劣は無く、どんな人生も全て素晴らしいから人と比べなくても良いし比べる意味も価値もないという事にも気付いていただけたら良いなーって思ってます。

多くの人の手に早くお届けできるよう、、、書籍化に向けて早速準備に取り掛かります。

最後にもう一度、本当に本当に今回応援いただきました沢山の方々に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。
meiji_cf01.jpg
31讖区悽縺輔s3 (2).JPG
posted by sayuri at 05:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

クラウドファンディングにチャレンジ!!!

実は、本日10月13日(金)16時〜、クラウドファンディングサイトReadyforにて「明治の人」書籍出版の挑戦を始める事にしました。

私が明治生まれの超おばあちゃん子で、2005年くらい〜1人でビジネス関係無く個人で「明治生まれの人」の取材を開始して全国行脚しておりましたものです。

meiji_cf01.jpg
31讖区悽縺輔s3 (2).JPG

そして、31名の明治生まれの方々の貴重な「生の声」を聴くことが出来ました。
※殆どが一般の方ですが、吉行あぐりさんや、灘中学の橋本武さん、松原泰道さん等も中に入っています。

明治生まれの人は、現在最年少105歳。

あと少しで過去になってしまうから、約1世紀(100年)を生きた人の生の声=「人生100年を楽しく幸せに生きるコツ」がギュッと詰まった素敵な内容なので、ホントに多くの方に読んでいただきたいという想いが強いのです。

其処で、今回クラウドファウンディングを活用することにしました。
自費出版よりも、より多くの方の目に出版前に触れる事が出来るのが大きなメリットに感じました。

以下を、公開されましたらご覧いただけますと幸いです。
10/13 16:00〜OPEN
(公開後のURL→https://readyfor.jp/projects/yume8843

クラウドファンディングへの挑戦は今回が初めてであり、
期間が限られた中で挑戦するので、何とか成功させたいと思っています。

最初が肝心という事で担当のファウンダーの方から、事前告知をより多くの方に行ってくださいと言われ・・・沢山の友人知人に昨日から連絡入れてます。

そうすると、、、懐かしい友達や知り合いの棚卸も出来て、久しく連絡していなかった知人の近況報告なんか聴けたり話せたり、、、本筋の目的以外にも既に今回のチャレンジによる恩恵を感じています。

私は実は友達少ないと周囲には自分で言い続けていたのですが、、、意外と多い事にも自分で驚いてます。
又、連絡した友人知人からは皆さんから温かい言葉を掛けて頂けて、それもとっても嬉しい事の1つです。

「素晴らしいねっ。」
「良い事やってるねぇ〜。」
「面白い事やってるね〜」
「頑張ってね、当たり前やんっ、応援しますよ!」
「ずっとぶれないですねっ!」

とか、、、本当に温かい言葉ばかりいただけてとーっても有難いです。
皆様、気持ちよく受け入れて下さり本当にありがとうございます。
23鬮倬守蕗髮縺輔s蜿匁攝 007.jpg
これから11月30日までのチャレンジになりますが、頑張りますっ!!!

応援してくださいねーーー!!!
23鬮倬守蕗髮縺輔s蜿匁攝 007.jpg


posted by sayuri at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする