2015年08月17日

救えなかった命

先日、犬の散歩の帰り道で猫を拾いました。

その猫は生後3カ月くらいのキジトラの猫でした。
お隣のマンションの道沿いの溝にうずくまって、はまってました。
手を差し伸べると弱っているからか、足が悪いからか???立てないことが解りました。
ただ、交通事故に遭ったという様子も無かったのですが、でもそのまま放っておいたら確実に死んでしまうことは分かりました。
傍で行きかう人たちは、「さっきは溝の上にいたけれどね、、、。」と言いながらも通り過ぎていきました。
私は猫が大好きなので、とにかく病院へ連れて行こうと猫を胸に抱き上げて自宅まで走って帰りました。
そして、犬を置いて自宅にいた息子と一緒に猫を籠に入れて車で近所の行き付けの動物病院へ走りました。
自宅に帰った時には私の胸によじ登ってきたので、しばらくは入院するかもしれないけれど、この元気があるなら大丈夫、、、きっと良くなる、、、そう思いました。

そして、病院に到着するなり受付で猫を拾ったけど弱っていると伝えると、幸い混んでいなくて直ぐに診察室に通してくれました。
そして、診察台に猫を乗せると、先生から信じられない言葉が・・・
「もう心臓止まってますよ。」と・・・
「えっ、、さっきまで、ほんの5分前まで生きてましたよっ。」
と伝えるも、「瞳孔も既に開いてますし死んでます。」と・・・。

あれは最後の力を振り絞って私の胸によじ登ってきたのかな・・・?
と、さっきの出来事を思いながら・・・夜も少し遅い時間でしたので、病院では死体を引き取ってくれなかったのでそのまま持ち帰り、直ぐに息子と一緒に近所の静かな公園の雑木林の木の下に穴を掘って埋めてお墓を作りました。
蚤が体中走り回っていたので、猫の体が冷たくなると蚤が全部、飛び出してきますよと病院の看護師さんに言われていたので急いで帰って行きました。

今まで多分10匹くらい、捨て猫を拾って来てはネットで里親を捜し、病気の子は病院で手当てして元気になってから里親探しをして幸せになれよってやってきましたが、、、今回、初めて救えませんでした。

亡くなったのは初めてでした。
残念でしたが、最後に私が抱き上げられたので良かったなと少し感じました。
最後の力を振り絞って私の胸によじ登ってきたのかな・・・?と思いました。

もしかして、マザーテレサの動物版・・・?
とかって厚かましくも思ってみたり・・・

綺麗なネコちゃんだったので捨てられたのかもしれません。

過去には、大型ごみの山の中から救い出した目も未だ開かない子猫ちゃんや病気で弱って食べることが出来なかった猫ちゃんや・・・たくさん子猫を生んでしまったノラちゃんの子猫たちの里親探しや・・・少しですが猫ちゃんの人生(猫生)を幸せになれるよう、少しですが助けてこれていたのですが、、、
悲しいお別れは初めての経験でした。

息子もしきりに「生き返らないかな?」「明日、埋めたところに行ったら生き返って来ないかな?」「もう一回あの猫ちゃんに会いたい。」
とかって言ってました。

多分生後3か月くらいの大きさだったので、天国で又幸せになれよって心の中で伝えましたとさっ、、、。
ありがとう、猫ちゃん・・・。
posted by sayuri at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

十津川温泉 夏旅

息子と息子の幼稚園時代のお友達親子と共に・・・?!
十津川温泉 ホテル昴へ行ってきました。
2015-08-23 10.54.14.jpg
2015-08-23 10.51.44.jpg

結構な道のりでした。
なんとっ、、、いまだにお付き合いしていただいている幼稚園時代のお友達の親子と一緒に。

凄く気が合うみたいです。
子供が仲良いという事で親は一緒に行くのですが・・・
やはり親も気が合う・・・???
お友達のママ友は私の希少なママ友の一人だったりします。

元々、ママ友を作る暇もなく仕事に明け暮れてしまっていたのですが、仕事をしているママとは仲良くなれることもたまにはありまして、、、。

こちらのママさんは私がとても尊敬しているママさんです。
大学出てからずっと大手都市銀行にお勤めで、子育ての為に嘱託になられてますが今も仕事しながら旦那様のご両親とも同居されていて、、、。

私が一人運転して行ったので送り届けた際にそちらのおうちのお姑さんと少しお茶させていただきました。

そしたら、ママ友であるお嫁さんの事、ほめる事、褒める事っ・・・
もの凄く感心して褒めておられました。
2015-08-23 10.06.59.jpg
凄いなって・・・
単純に感動しました。

既に奈良にお引越しされているのですが、これからもずっと仲良くしてねっ!!!

息子はそちらのお宅にたまに泊りに行かせてもらうのですが、一緒に遊んでくれるパパさんも大好きみたいです。
一緒に旅行、またしましょうねっ。

希少なママ友に感謝・・・
posted by sayuri at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする