2016年09月12日

テーブルフォーツーから・・・

元々とても関心のあった取り組み、テーブルフォーツーの小暮代表から感謝のお便りをいただきました。

「テーブルフォーツー」の活動は先進国の少し太っている人が健康的なランチを一食食べる毎に後進国でご飯が食べられない子供たちの学校給食一食代(20円)になるというもの。

多くの日本企業も参画していますが、例えば企業の社員食堂でヘルシーランチを食べるとその料金の中から20円(学校給食1食分)を後進国へ(アフリカやアジア)寄付して行くというもの。

私は元々、お金のあるところから無いところへ流して行くパイプ役の様な事がしてみたいと考えていたので小暮代表の取り組みにはとても関心が有りました。

もう多分この取り組み自体が始まってからは、10年は経過している想うのですが・・・
最近は様々なカタチ(社員食堂のランチ以外)での活動が活発化されていて、私自身も我が社の卒業・卒園アルバムが1冊売れるたびに20円の寄付をしていきたいと思いました。

そして昨年小暮代表にお手紙を書いて実現した夢ふぉとからの寄付。
今年度の納品が少し落ち着いてきたのでようやく寄付をお送りする事が出来ました。

こういったことが出来たのも全てはお客様、社員のおかげです。
本当にありがたいなと感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、もっともっと多くの寄付がして行けるようになりたいから、もっともっと頑張らなきゃなって私自身も多くの人のお役立ちが出来る会社を目指します。

何のために仕事をしているのか?
何時も自分に問いただしながら・・・
人のお役立ちの数を増やすため。
決して利益追求やお金儲けの為では無い。

何故頑張って仕事をするのか?

それは人様に喜びや笑顔や感動を作っていく為、、、。
心が温かくなる瞬間や感動ストーリーを創りだしていく為。

私も心の根底に流れている祖母からの教え、、、
それが元になっています。

「長くて100年くらいの人間の人生、自分の身体は肉体が有るうちは人様のお役にたつためだけに使えば良い。」
その教えを素直に実践して天国の祖母に沢山褒めてもらいたくて今自分で会社もやっているんだと思います。
来年は20年目を迎えます。

とても感慨深いものが有ります。

下記はテーブルフォーツーの小暮代表から届きましたお礼メールです。

株式会社 夢ふぉと
代表取締役 林さゆり様

平素より大変お世話になっております。
この度は貴社より大変貴重なご寄付を頂き誠にありがとうございます。

林様および今回のコラボレーションの主旨に賛同いただきましたお客様からの温かいお気持ちは、
45,755食の学校給食という形にして、アフリカの子ども達に届けさせていただく所存です。

私も今年5月に支援先の1つでありますルワンダを訪問しました。国全体としては経済発展の中にあるものの、農村部を中心とした地方の生活は、いまだ非常に厳しいものがございます。日に一度、庭に生えている果実を食べれれば良い方、という状況です。テーブルフォーツーが届ける給食を楽しみに、毎日片道2時間の山道を通う子どもたちもいました。貧困撲滅というのは、まだまだ道長きミッションと感じますが、一方で地道な努力が効果を発揮していることも実感しております。

このようなことを申し上げるのは大変僭越ですが、正しいこと、美しいことされる企業は、必ず成功すると個人的に強く信じております。今後ともお力添えをいただけますことを祈願いたしまして、取り急ぎの御礼とさせていただきます。

テーブルフォーツー代表理事
小暮真久



posted by sayuri at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。