2014年04月04日

お花見と誕生日

毎年恒例のお花見に会社の皆で行きました。

自宅に帰って息子をピックアップしてから現地に行けど・・・途中大渋滞に巻き込まれ・・・何とか到着するも花見開始30分程度で雨が降ってきてしまい・・・高架下に雨宿り・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

それでも、皆でゲームで楽しんで・・・良かったです。わーい(嬉しい顔)

またこの日にサプライズで用意していてくれたのが私の誕生日プレゼントのケーキ・・・。
美味しいチョコケーキ、、撮影してアップだと思っていたのに息子が私の携帯をゲームで離さず・・・結局、無残な残骸になってしまったケーキは撮影されないままに・・・トホホ。たらーっ(汗)

皆、ありがとうございました。
もう本当に、誕生日は嬉しくも無くなりましたが・・・覚えていてくれる人が居るという事は感謝ですね。るんるん

今年は満開でお花見に行けてよかったです。
来年もやっぱり行きたいなーっ・・・。手(チョキ)

パートさん達の子供さんも賑やかに居てくれて・・・楽しくて良かったです。
ありがとうございまーすっ。
posted by sayuri at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

足立美術館で感じたこと

島根県の足立美術館を、二度目に訪れました。
数十年ぶりに行くと、感じ方が全く変わってました。
先ず、全ての作品の簡単な説明書きを読んだこと・・・そして当然、感じたことも違いました。

絵は元々大好きなので、横山大観作品などに見とれて、、、茶室で美しい庭園を見ながらお茶のひと時を過ごしたりと、、、楽しめたのですが、今回は元々あまり興味のない「陶器」のところが一番印象に残り衝撃を受けました。
特に、北大路魯山人の器のところに寄せられている詩歌や魯山人の芸術に対するものの見方考え方等が、記されている書を読むにつけ、、、芸術を極めた人というもののある意味共通点を見ているような気がしました。

「自然」をあるがままに愛する「心」というものがいかに芸術の作品に必要な事であるのか・・・?
破天荒で型破りな人でなければ新しいものは生み出せないんだと・・・妙に納得したり・・・。
下記に少し魯山人の言葉というものを列挙してみます。
素晴らしい言葉です。

良い旅になりました。
ありがとうございます。

ここから・・・

人はただ自然をいかに取り入れるか、
天の成せるものを、人の世にいかにして活かすか、
ただそれだけだ。   

料理は自然を素材にし、人間の一番原始的な本能を充たしながら、
その技術をほとんど芸術にまで高めている 

二百年、三百年の昔の美術に注目せよ。
五百年、千年、二千年、
否もっともっと先の年代になる幾多の作品に眼を移してみよ。
そして、その年代の人間は、天地を貫く自然の美抄をいかに観たか。
そしていかに道理にそむくことなく
素直に美しいものを造り遺していったかに注目せよ。

飽きるところから新しい料理は生まれる

自分が尊いことを知らないで何が出来ますか。

これほど深い、
これほどに知らねばならない
味覚の世界のあることを銘記せよ
posted by sayuri at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

不可能を可能にする経営とは・・・

先日、経営者の集まりでの講演会で素敵なお話を聴く事が出来ました。手(チョキ)

稲盛アカデミー教授の、奥 健一郎さんのお話でした。

心に残ったお話を記述させていただきます。

「心」とは、宇宙創成のエネルギーを受け入れて人間の思考へそして信念へと変え現象化させる器。目

人間と宇宙とは心というパイプでつながっている。耳

「願望」  既に出来あがった状態にしてずっと心に描き続けていくと信念に変わる。

人間が一つのビジョンに向かってベクトルを揃えたら磁場が出来、其処にはすさまじい力が生まれる。
※信じてないとだめ
やらされているとダメ

潜在意識と実在意識が同化すると凄い威力で同化し感化されていく。

先ずは心を磨く事が一番大事。

経営に置いて、本当に一番大切なのは「心」なんだと改めて感じました。

心を磨いて経営を伸ばす・・・
それに尽きるんだと思います。

今そういう事を学ぶ機会に恵まれると、何時も思うのは「祖母の教え」がいかに私にとってありがたいものだったかという事です。

「ありがたい、もったいない、人様の為に、自分を下に、親を大事に・・・」揺れるハート

感謝や謙虚さ、利他の心といった基本がこの祖母の口癖に入っているのです。
おばあちゃん子で小さなころからこの口癖をずっと聞きながら育ったことは今の私の財産です。

思い出を、言葉を残していく事はきっと必ず人にとっての財産を残し行く事になるんだろうと、、、
今の事業を始めてからもう、、、16年が過ぎようとしています。ダッシュ(走り出すさま)

思い出づくりで、人のお役に立つ会社をずっと継続していく事が出来る事がとても幸せな事に感じます。ぴかぴか(新しい)

なんだか脱線しちゃいましたが・・・改めて「感謝」を忘れずに頑張って行きたいなって思います。わーい(嬉しい顔)

posted by sayuri at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

萩本欣一さんのトーク番組で・・・

先日、朝少しNHKテレビを観る機会が有り・・・萩本欣一さんが出演されていました。

その時に、歴代バラエティ番組で視聴率トップテンの中に萩本欣一さんの番組が4つも入ってました。
一位が確か「8時だよ全員集合」でしたが・・・。

そして、そんな偉業を成し遂げるコツなんて有るんですか?というアナウンサーの問いに欣ちゃんは、はっとした言葉を仰いました。

「遠くに置くんですよ。」と・・・。exclamation&question

えっ???

どういうこと?っ・・・となりますよね。

その説明に、萩本さんは「例えば子役が欲しい」となる。
普通は、タレント事務所に電話一本で、直ぐに沢山いくらでも連れてきてくれますよね。

でも、そんなことは絶対にしない、、、幼稚園や保育園の門のところで良さそうな子供が居たら声かけてスカウトしてくる、、、そうして二度ほど警察に捕まりかけましたがね・・・みたいな話。

妙に納得です。ひらめき

そうすると、どうなるか・・・考えられないことが出来る
予測できない笑いが起こる・・・感じてもらえる・・・誰も出来ないことが、誰にも考え付かないことが出来てしまうんですね、、、

そりゃそうですよね、、、元々素人ですから、、、笑いを取ってやろうも無ければそこには欲が無い、、、
他の優秀な番組プロデューサーが企画して計算してプランを練ってねって・・・
そんなのにいとも簡単に勝ってしまう要因が其処には存在しているんでしょうね。

「楽」を取るか「苦」を取るか・・・
楽して作っても其処に「感動」は作れないですよと仰ってました。
努力して出来るだけ遠回りする、、、とことんこだわるという事でしょうかね、、、。るんるん

そうすると最後は楽しくて楽しくて仕方がなくなり、、、忙しいとか全然なくて一番忙しかったはずの時期が一番楽だった、、、暇だったと仰っていたのも印象的でした。

力技やスキルでは到達できない領域が其処には存在していたんだろうなーって・・・
人に感動してもらえることって、そういうところからしか産まれないんだろうなーっ

ふと、どんな世界でも、同じことが言えると思いました。

売れてくると、ついつい楽してしまおうと考えがちでしょうから、努力と面倒くささと遠回りと・・・一見ナンセンスに見える事も本当はとても意味が有って差別化が図れる地味な突破口だったりするのかもしれませんね。ぴかぴか(新しい)

そういえば・・・創業したころは凄く凄く遠回りばかりしていたような気がしますが・・・それが一番近道だったと今は思えるのもなんとなーくそういう事なのかもしれません。目

感じたことでしたとさっ・・・。ダッシュ(走り出すさま)
posted by sayuri at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

世の中の凄い経営者は・・・

毎月、経営者通信という冊子が届くのですが今月、目に留まった文章が有りました。

ファンケルの創業者である池森 賢二CEOの言葉です。

人を幸せにしないと商売は上手くいきません。
「時代がとうかわるか」ではなく
「時代をどう変えるか」なんです。

5つの鉄則
一、「人を幸せにする」という原点を忘れるな
二、常識にとらわれず、単純に考えて本質をつかめ
三、時代を変えるような商品を考えろ
四、本業を傷つけそうな新規事業は見切れ
五、明確な方向性と戦略を示して社員を育てよ

このような言葉に触れる度、以前にも増して心に響くようになりました。
もしかしたら以前より理解力が深まっているのかもしれません。そんな気がします。手(チョキ)

また、違う機会にいただいた小冊子のある一説も目に留まりました。

「松下幸之助」さんにまつわるエピソード。

「真々庵」という場所に自分専用の社「根源社」を作り2つの事を祈っていたのだそうです。
1つは「感謝」もう一つは「素直」
あまりにも有名ではありますが・・・松下電器は電化製品を作っている会社である前に人間を作る会社やと。

「知識も技術も資格も大事や。しかしそれらは全て人生の道具に過ぎない。どんな立派な道具を揃えても、それを使う人間が立派にならん限りは、絶対にええ仕事はできんのや。」目

京セラの創業者、稲盛和夫さんも同じことを仰ってますよね。

経営者として、常に心に栄養を・・・このような言葉に触れる事ぴかぴか(新しい)は常に大事な気がします。
また、五感で感じ感動する事が・・・とても大事な気がします。

何が大事か、、、経営も人生も全て「人間」が創りだしている事なので根っこは皆同じになるのでしょうね。

私は幼いころに祖母に繰り返し教えてもらった事と同じなのでこれらの言葉が心にスッと入ってきます。
感謝ですっ・・・。わーい(嬉しい顔)黒ハート
posted by sayuri at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

2015年度新卒

先日、今年初めての新卒説明会の様な事をしました。

今年は趣向を変えて、マイナビさんやリクルートさんやエンジャパンさん等大手のエージェントさんには一切掲載しないで、不定期に採用試験を開催して行くことにしました。
2015年度は、エージェントさんの紹介枠や紹介会社、うちのサイトに直接エントリーして来てくれる方のみからの採用をすることに切り替えました。

先日はたまたまそういったルートから、2015年度大学卒業予定の3名の女子大生が来てくれました。
感想としては、3人ともとても優秀な方でした。グッド(上向き矢印)
私自身がお話ししていて、とても楽しく感じられましたし、もっと話していたいと思ったくらいでした。
3人とも英語は話せるし留学経験が有ったり、しっかり自分の考え方を持っていたり、、、
2015年度、女性も今年は、しっかりと採用に結び付けていきたいなと感じました。るんるん

ただ、当然ですが双方に「選ぶ権利」がある訳で・・・だからこそ、「会社が魅力的であること」「夢や希望を持って入社していただけるように環境を整えて置く事。」「お互いが熱烈な相思相愛関係になれる事」が重要だと思いました。

世の中には凄い量の企業が存在しています。
大企業や中小ベンチャー・・・
ただ、間違いなく言える事は大企業よりも、成長し続けているベンチャー企業の方が、経験値や成長スピードは何倍にもなるという事ですね。手(チョキ)

私自身の経験からそれは言える事です。
今年も魅力的な学生さんたちと相思相愛になれますように・・・。
2015年度、張り切って採用活動にそろそろ突入していきたいと思います。右斜め上ダッシュ(走り出すさま)

新卒の方々、どうぞよろしくお願いします。わーい(嬉しい顔)
posted by sayuri at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

鍵山先生のお話

先日、ある「勉強会」に参加させていただきました。

あのイエローハットという一部上場企業の創業者であり、日本全国、今や世界中に「掃除道」を広めておられる全国掃除の会の会長さんでもあられる、鍵山秀三郎先生の講演でした。

もう何度目かになるはずなのですが、、、この先生の姿勢は何時も腰が低くて何時も朗らかでにこやかで・・・肩の力が抜けていて、姿勢を拝見するだけで素晴らしい「人格者」だと感じます。ぴかぴか(新しい)

凄い人ほど、本物の方ほどそのようになってくるのかな?と感じさせていただくに過ぎず。。。
まだまだ自分自身はというと「ひよっこ」だなと感じるほどに・・・もっと人としての「成長」をしたいなと強く感じるのですよね。あせあせ(飛び散る汗)
ある意味、出来ていない自分に「凹む」と同時にまだまだ伸び白が有るという事じゃないかと自分自身を励ましている、、、。

鍵山先生は本当に、誰でもできるけれども誰も真似できない「掃除道」を徹底的に継続されています。
何か一つで良いから、とことん「極める」という事が出来さえすれば・・・自ずと道は開けてくるという事の実践者。
では自分自身はというと、どういう事になってくるんだろう・・・と思いを巡らせていました。
「思い出づくり」を極めていく、、、という事なんだろうが・・・。ふらふら

今回のお話の中の特に心に残ったトピックスをば・・・

「私利を去る」

経営者としての重要な判断を何度もしてきた。その時の判断基準は
「私利を去り、どうすれば社員を、取引先を、お客様を守ることが出来るだろうかと考えて対応してきました。というお話。
そうでは無い判断をしていた会社はほぼなくなりましたね、、、と。
イエローハットは52年間続いている会社、、、納得がいきます。

また、最近私が良く学ばせてもらっている「稲盛和夫さん」の経営哲学にもやはり、同じことを言われてますね。
「動機善なり私心なかりしか。」と・・・。

鍵山先生は、「自分の身の上を心配する人が悩む」とも仰ってました。目
以前、松下幸之助さんの言葉の中にも同じような内容が有りました。
「人が行き詰る時のたった一つの原因、それは我欲ですよ。」と・・・。ひらめき

世の中の名を残し偉大な成功者となり人に少なからず影響力を持っていく方というのは・・・
宇宙の原理原則に逆らわない生き方の出来ている人なんだろうなーっと・・・思いましたとさっ。。。

死ぬまでに少しずつでも努力して近づいていきたいものです・・・。

良いお話が聴けて・・・ありがとうございました。

追伸・・・鍵山先生超おすすめの書籍の紹介が今回のお話の前に有りましたので私からも繋ぎます。
「伴百悦」という会津藩氏のお話・・・。
江戸時代、人を救うために、人の為に、自分の身分を捨て命を捨てた人のお話だそうです。
鍵山先生が、本当に感動されたとのことでした。
私も早速その場でアマゾンに注文していましたとさっ・・・。わーい(嬉しい顔)
posted by sayuri at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

7つの習慣

先日、東京で経営者の集まりで勉強させていただいてきました。

その内容は、巷で有名な「7つの習慣」のお話。
フランクリン・コヴィー・ジャパンの副社長からセミナーを受けさせていただきました。

書籍は読んでましたが、再確認という意味でやはり、又心に落ちてくるものは違うなと感じました。

内容は一言でいうと、ノウハウやスキルではなく結局は「人格主義」に基づく成功しかないという話なのですが・・・。

今回やはり一番心に落ちた「格言?」が

「思い」の種を蒔いて、行いを刈り取り、
「行い」の種を蒔いて、習慣を刈り取り、
「習慣」の種を蒔いて、人格を刈り取り、
「人格」の種を蒔いて、人生を刈り取る
サミュエル・スマイルス

という一説が講義の資料の片隅に書かれていたのですが・・・
実は、これと全く同じ内容の話をこの講義を聞く前に、経営者仲間の会長さんが新年のあいさつの中で「マザーテレサ」さんのお話としてより簡易な言葉で既にされていたこと。

それは、「言葉を変えると行動が変わり、行動が変わると習慣が変わり、習慣を変えると性格が変わり、性格が変わると人生が変わる・・・幸せ7変化黒ハート」というような内容のモノなのですが・・・。ぴかぴか(新しい)

実は、この内容は私も聞いたことが有り、以前うちの会社にいたスタッフから「好きな言葉です。」と一度プレゼントしてもらっていた内容とかぶったこと・・・。目

結局は、物事の原理原則は昔も今も変わらずに脈々と受け継がれ語り継がれていくものなんだろうなと・・・感じました。ぴかぴか(新しい)
そして、「7つの習慣」という書籍はずっと継続して何十年も売れ続けているのに最近になり、またもや「以前にも増して売れ始めている。」ということらしいのですが・・・
「本物の時代」が来たという事なんだろうなーっと心で感じていましたとさっ…。

良い話に触れ、心が乾かない様に栄養を与えてくれるお話というのは・・・私にとってはとても必要な事と感じます。
ありがとうございました。ぴかぴか(新しい)
posted by sayuri at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

子供の奇妙な発言

子供は時々、変な事を言い出すものです、、、。

「ママ、なんでもっと早く結婚しなかったの?もっと早く結婚したらよかったやん。」
「ママが死んだら僕も死ぬ」って、、、
「ママ早く死ぬから僕、嫌やーっ。」と、、、私がいつ死ぬか気になった心配になったらしい・・・。

どうやらお供達のママ達より私の年齢が高いことを知ったらしいのだ、、、。
だから、年齢が高い=早く年老いる=早く死ぬ・・・と彼の頭の中ではなったのだろう・・・。
そして急に心配になって聞いてきたようだ、、、。

ママは占いの人からも「長生きする」と言われたから早く死なないよっ、、、とか
聡太のお嫁さん見たいから長生きするように頑張るわっ、、、とか言ったりしてみましたが、どうも彼の不安は拭えない様で・・・私がお友達のママみたいに若くないか皆より早くママが居なくなる・・・
そういう風に想像しているみたいで、何を言ってもダメみたい、、、。
で、少し涙目になって
「ママが死んだら僕も死ぬからなっ・・・。」と

嬉しいような悲しいような・・・。

子供って時々、色んなことを考えて勝手に不安になったり心配したりしているものなんですねっ。
面白いなーって思います。

もう小学3年生だから、お友達からは「サンタさんはパパやでっ。」と言われても頑なにサンタさんは居ると信じている、まだまだ幼い息子です。
可愛いなって思いますね。
posted by sayuri at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

カンボジア2

カンボジアの孤児院に居る子供たちに絵を描いてもらったという話を以前、させていただきましたが今回の訪問で、どの子が書いてくれた絵なのか、持ってもらって写真を撮らせてもらってきました。
60人くらい撮らせてもらってきましたが・・・一部のみ紹介させてください。

395.JPG402.JPG382.JPG400.JPG
その絵達が、夢ふぉとのアルバムデザインになりました。
近日中に皆様にも選んで使っていただけるようにしますので乞うご期待を!!!

子供たちの描いてくれた絵をデザインしたバックデザインを皆様のアルバム制作の際にもし使っていただけました場合に、そのアルバムの売上の1%を寄付していく事にしました。

プロのデザイナーさん達の絵であれば色々と制作可能なのですが・・・
夢ふぉとは「温度のあるアルバム作り」をモットーとしていますので、何となく・・・こういったカタチで子供達の純粋な絵でコラージュしたデザインこそが、他には無い温かみのあるデザインで夢ふぉとらしいなって思いました。
選んでいただけると嬉しいです。

子供たちはSAJ=スクールエイドジャパン(会長は渡邊美樹さん)のNPO法人で運営されている孤児院
「夢追う子供達の家」に居る子供達です。413.JPG380.JPG

ありがとうございます。



posted by sayuri at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。